研究者情報

一般向けキーワード検索組織検索メディア向けコメントテーマ・ジャンル検索

神戸大学ホームページ
【基本情報】
【年度別活動状況】
【著書等】
【論文】
【研究発表等】
【芸術作品・技術作品】
【受賞】
【研究活動に関する自由記述】
わが国における組織行動の研究を世界レベルまで向上させ、グローバルな研究フロンティアで貢献できるような理論的・経験的研究を、リーダーシップ、キャリア、モティベーション、HRM(人材マネジメント)の領域でおこなうとともに、組織エスノグラフィー、アクション・リサーチ、プロセス・コンサルテーションなどの調査方法、インターベンションの方法の新展開を図っている。
【所属学会】
組織学会 / 経営行動科学学会 / 産業組織心理学会 / 日本経営学会
【学会等役員】
所属学会 学会等役員
組織学会 理事、評議員
産業組織心理学会 常任理事
経営行動科学学会 アドバイザー(元会長)
組織学会 シニア・エディター『組織科学』
東洋経済新報社 編集委員『一橋ビジネスレビュー』
組織学会 編集副委員長『組織科学』
【学会等の活動に関する自由記述】
組織学会では、大会委員会担当理事として、学会における研究者の交流の促進をはかっている。現代経営学研究所主催のワークショップを積極的に担当したり、若手教員が担当するときの補助をおこなっている。経済団体等と常時、複数の人事関連の研究を主催している(日本経営協会、日本CHO協会、神鋼ヒューマン・クリエート)。リーダーシップの持論の収集については、MBAの組織行動応用研究の場を生かしている。なお、大学院の院生の指導をしつつ、タマノイ酢、松下電器産業、小林製薬で、組織へのメンバーの適応や、最初の管理職になるときの課題について、調査をおこなっている。経営幹部との接触機会そのものが、組織学会、経営行動科学学会のリーダーとして、アカデミーと実際界のリンクに役立っている。

ページトップへ